株取引はネット証券と店舗型のどちらがおすすめか

株で取引する為には、証券会社で口座開設する必要があります。証券会社にお金を預けた上で、株取引する事になるからです。その証券会社にも2種類あって、ネット証券と実店舗型の証券会社があります。

店舗型とネット証券の違い

実店舗型の証券会社の場合、原則として電話もしくは店舗で取引する事になります。実店舗の窓口に行って担当者に声をかければ、注文を出してもらう事もできます。
ただ実店舗に行くのは、少々手間がかかるでしょう。移動時間もかかりますし、電話で取引している方も多いです。
それに対してネット証券の場合は、わざわざ実店舗に行く事はありません。WEBで取引しますから、スマートフォンでもPCでも構わないからです。
口座開設の手続きも、証券会社の店舗に行く必要はありません。WEBで申し込みをして、口座を作る事になります。

ネット証券と手数料のメリット

ネット証券にはどのようなメリットがあるかというと、その1つは手数料です。
実店舗型の証券会社の場合、手数料は若干高めになるデメリットがあります。特に電話注文は、手数料は少々高めです。1回注文するだけで、1,000円以上の手数料を徴収されてしまう事もあるのです。窓口で取引をする時も、手数料はかかります。
ですがネット証券の場合は、1,000円前後の手数料が徴収されるケースはまずありません。かなり手数料は低く抑える事ができます。
そもそも実店舗は、色々コストがかかるでしょう。証券会社からすると、家賃も支払う必要がありますし、店舗の内装費用もあります。ですがネット証券の場合、店舗の運営に関するコストがありませんから、手数料も低く抑えられる訳です。ですからコストを抑えて株取引したいなら、ネット証券がおすすめです。

サポートは充実している証券会社の店舗

一方、実店舗型の証券会社にもメリットがあります。サポートは比較的充実しているからです。
証券会社の店舗には、たいてい誰か専門家が常駐しています。専門家からはアドバイスを受ける事もでき、投資に関するコンサルティングのサービスを提供している証券会社も多いです。ネット証券には、それはありません。
また対面での取引になりますから、かえって店舗型の方が分かりやすい事もあります。ネット証券ですと、担当者と顔を合わせる事はないでしょう。サポートは、店舗型の証券会社の方が充実している訳です。
ですからサポートを受けたいなら、店舗型の証券会社がおすすめです。逆に、株の取引コストを節約したいなら、ネット証券にすると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です